SDGs

タミヤホームの取り組み

SDGs

タミヤホームの取り組み

SDGsとは

2015年9月、国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催されました。
その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が加盟193ケ国の全会一致で採択され、「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」が掲げられました。
SDGsは17の目標と169のターゲットから成り、2030年までにこれらの目標を達成するために、企業の参画・貢献も期待されています。

SDGsに関する当社の考え方

有限会社タミヤホームは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えています。
弊社の事業特性を踏まえ、SDGsの目標のなかから取り組むべき目標を選定し、課題解決と目標達成に向けた事業展開、体制づくりを進めています。今後も、SDGsの目標達成に向けた取り組みを積極的に推進してまいります。

タミヤホームのSDGsへの取り組み​

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

産業と技術革新の基盤をつくろう

  • 解体工事の確かな技術、環境に配慮したエコな解体を通して、社会のインフラ整備に貢献しています。

  • 国籍・学歴・年齢を問わず意欲を持った人材を積極的に雇用し、 安心して働ける労働環境を整え、解体技術の供与、外国人技能実習生3名を育成し活躍できる環境の提供に努めています。

  • 最先端の技術と長年の経験・ノウハウに基づき、 法令を遵守したアスベスト撤去・除去工事を月20件以上・年間240件以上実施しています。

11.住み続けられるまちづくりを

住み続けられるまちづくりを

  • 2030年までに産業廃棄物の管理に特別な注意を払い環境上の影響を削減を目指し、解体工事で発生する廃棄物の管理をおこなうことで、環境への悪影響の低減に取り組んでいます。

  • 解体工事業者として、持続可能な都市の未来空間を実現するため、リサイクルを重視した適正な廃棄物処理を取り組んでいます。

  • 地域や行政と連携して、空き家問題の解決に取り組んでいます。建物としての寿命を迎えている空き家は解体して更地へ月30件以上、年間360件以上実施しています。所有者の土地活用を可能にすることで住み続けられるまちづくりに貢献しています。

17.パートナーシップで目標を達成しよう

パートナーシップで目標を達成しよう

  • 持続可能な開発目標を達成するため、SDGsを推進する協力業者・職人とパートナーシップを構築して解体工事に取り組んでいます。

  • 数多くの不動産会社と業務提携して、空き家問題の解決に取り組んでいます。新築住宅のスムーズな着工に向け、空き家を解体して更地にする造成工事から滅失登記までをパッケージ化したプランを推進しています。パッケージプランを取組むことで30以上の企業が参加をし、10%の必要経費のコスト削減・CO2削減にも貢献しています。

  • 弁護士、税理士、土地家屋調査士、司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどの専門家とパートナーシップを構築し、解体工事だけでなく不動産相続や資産活用など、お客様の人生設計上の課題にもともに向き合える体制を整えています。
    パートナーシップの一環で弁護士への無料相談会を毎月おこなっています。